機械工学系

カテゴリー一覧

月別一覧

ホーム >> 最新情報TOP >> 最新情報


2021年8月6日

GIGAスクール構想に関連したオンラインによるイカの解剖実習の実施報告

 理工学部総合理工学科 和田薫特任教授が担当する教職科目「理科教育法3」にて、能登里海教育研究所の浦田慎先生を講師に迎え、Zoomによるイカの解剖実習を実施しました。

 和田特任教授は情報学部情報学科 福田光一教授と共同して、文部科学省 GIGAスクール構想における授業推進に関連したオンラインでも可能な海洋教育について研究しており、2022年2月には、西東京地域の中学校においてイカの解剖実習をオンライン授業で実施する予定です。今回の実習は、そこで中学生の実習補助者(インタープリター)を務める学部3・4年生約20名を対象に事前演習として実施しました。

 実習では学生がモニターでZoomの画面を見ながら、イカを含めた軟体動物の進化や、イカの生態や特色、そして環境への適応と体の構造との関連について浦田先生の説明を受けた後、解剖を通して器官の特徴とその確認方法を学びました。

 また、能登里海教育研究所から送られた資料をもとに、イカ漁業や漁獲量の変動など社会科に関連する内容を学び、中学校での授業に向けた事前準備をすることができました。

2021年8月3日

環境科学系 上本常勤教授が監修したISO分析法規格が発行されました

 環境科学系 上本 道久 常勤教授がプロジェクトリーダーを務めた、ろう付け性の評価方法に関する国際標準規格(ISO規格)が2021年3月に改正規格として発行されました。ISO規格とは工業製品の寸法や材質、試験法や分析法などを標準化し、文書にまとめたものです。

 金属材料同士を溶かさずに、別の合金を接着剤として接合させることを、ろう接といい、どの程度確実に接合しているかを評価することは、産業界において重要です。本規格は、日本提案の国際標準規格として数年に及ぶ審議を経て発行に至りました。新しく開発した簡便な試験方法を取り入れた同規格は、自動車や航空機から家電まで、あらゆる金属製品の接合のための評価法として重要視されています。

標準規格のタイトル

ISO 5179: 2021 Investigation of brazeability with spreading and gap filling test

2021年7月27日

機械工学専攻の大学院生が国際シンポジウムIEEE/ASME/AIM2021で研究発表しました

2021年7月12日(火)~16日(金)、デルフト工科大学(オランダ)を主催校としてオンライン開催されたIEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM2021)にて、機械工学専攻 博士前期課程1年生 徐 齊焄さん(山崎 芳昭研究室)が、5月に査読採択された講演論文を口頭発表しました。20回目の開催となるこの国際会議は、高度なインテリジェントメカトロニクスに関する研究者が世界各国から集まる著名な国際会議です。(基調講演4件、口頭発表162件(採択率:64%)、ポスター発表9件、26ヶ国参加)

研究発表について

・タイトル

「A Study for Detecting Disaster Victims Using Multi-Copter Drone with a Thermographic Camera and Image Object Recognition by SSD」

(サーモグラフィカメラとSSDによる画像オブジェクト認識を備えたマルチコプタードローンを使用して被災者を検出するための研究)

・発表者

Wataru Hoshino, Jaefun Seo, and Yoshiaki Yamazaki

・研究内容 地震災害などで倒壊した建物内に残された被災者を自動発見することを目的に、小さなマルチコプタードローンと画像認識システムを使用したシステムを開発しました。最初に、リアルタイムの物体認識可能なSingle Shot MultiBox Detector(SSD)という深層学習モデルをKeras(機械学習をより簡単に使うためのライブラリ)上で動かし、一般公開されている学習済み重みファイル(weights_SSD300.hdf5)を用いて被災者発見を試みました。しかし、全身を反転させた状態での認識精度が著しく低くなることが明らかとなりました。この欠点を改善するために、人の体温も識別できるサーモグラフィカメラ画像を用いた深層学習を実施し、新たに作成した認識モデルにより、全身および反転した全身状態での認識精度が大幅に向上することを明らかにしています。

IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM2021)公式サイト

2021年6月29日

機械工学専攻の大学院生が日本設計工学会2021年度春季大会で研究発表しました

2021年5月22日(土)、23日(日)、ZOOMにて開催された「日本設計工学会 2021年度春季大会研究発表講演会」(公益社団法人 日本設計工学会主催)で、機械工学専攻の大学院生10名が研究発表しました。





  • 研究発表のタイトル:円筒構造体の圧壊特性―第1報: アルミ製薄肉円筒構造体の座屈応力と変形挙動

     発表者:橋爪 崇弘(博士前期課程1年 寺田 耕助研究室)

  • 研究発表のタイトル:LIPSのためのH,N,O,CNスペクトルシミュレーション

     発表者:富塚 裕貴 (博士前期課程2年 齊藤 剛研究室)

  • 研究発表のタイトル:ステレオカメラを搭載したiRobot Roomba model 500によるROSを用いた3Dマップ作成と自律走行の性能評価

     発表者:徐 齊焄(博士前期課程1年 山崎 芳昭研究室)

  • 研究発表のタイトル:三次元炭素繊維強化プラスチック製フライホイール作製に向けた樹脂流動解析

     発表者:佐野 寛(博士前期課程1年 小山 昌志研究室)

  • 研究発表のタイトル:CFRP製ハニカムコアの新規成形法に関する検討

     発表者:大野 真理菜(博士前期課程2年 小山 昌志研究室)

  • 研究発表のタイトル:難燃性フィラーの粒子径がFRPの成形性および 機械特性に及ぼす影響

     発表者:菅井 美柚(博士前期課程1年 小山 昌志研究室)

  • 研究発表のタイトル:CFRPハニカムコア国内製造に向けたVaRTM成形法のボイド発生に対する樹脂粘度の影響評価

     発表者:須﨑 亮太(博士前期課程1年 小山 昌志研究室)

  • 研究発表のタイトル:軌道のねじれに追従するコキ車体の機構の研究

    発表者:草間 悠允(博士前期課程1年 宮本 岳史研究室)

  • 研究発表のタイトル:模型台車用空気ばねの旋回抵抗力測定方法の開発

    発表者:中丸 隆太(博士前期課程1 宮本 岳史研究室)

  • 研究発表のタイトル:模擬雪を走行する模型排障板の排雪抵抗

    発表者:遠藤 智仁(博士前期課程2年 宮本 岳史研究室)

関連資料

2021年6月9日

環境科学系 宮脇教授が廃棄物資源循環学会 有功賞を受賞しました

環境科学系 宮脇 健太郎教授が廃棄物資源循環学会 有功賞を受賞しました。この賞は廃棄物資源循環学の進歩、
事業の発展に寄与・貢献した会員の中から選ばれます。
 
受賞者:明星大学 宮脇 健太郎
業 績:廃棄物埋立処分場の研究と学会活動への貢献
  
 【関連リンク】
廃棄物資源循環学会 令和2年度学会賞及び会長表彰 受賞者のお知らせ
https://jsmcwm.or.jp/?p=22691
 





2021年3月31日

2020年度 学位記授与のご報告

2020年度、理工学部・理工学研究科の学生306名が学部・研究科課程を卒業・修了しました。

理工学部卒業生 284名 

理工学研究科修了生 22名

卒業生、修了生の皆さんおめでとうございます。

本学で学んだことを糧に、新たな舞台での活躍を教職員一同お祈りいたします。

2020年3月24日

2019年度 学位記授与のご報告

2019年度、理工学部・理工学研究科の学生338名が学部・研究科課程を卒業・修了しました。(3月24日に予定されていた学位記授与式はコロナウイルスの影響で中止となりました。)

理工学部卒業生 327名 
理工学研究科修了生 11名

卒業生、修了生の皆さんおめでとうございます。
本学で学んだことを糧に、新たな舞台での活躍を教職員一同お祈りいたします。

2019年12月25日

生命科学・化学系と化学専攻の学生が「日本分子生物学会」で研究発表しました

2019年12月3日(水)から6日(金)、福岡国際会議場・福岡パレスホテル・マリンメッセ福岡パシフィコにて開催された「第42回日本分子生物学会年会」において、理工学部 総合理工学科 生命科学・化学系と理工学研究科 化学専攻の構造生命科学(香川 亘)研究室、分子生物化学(清水 光弘)研究室、分子細胞生物学(須賀 則之)研究室に所属する、学部4年生1名と大学院生7名がポスター発表しました。

総合理工学科 生命科学・化学系
タイトル:RAD52が触媒するD-loop形成反応の生化学的解析
発表者:鴨井 一輝(4年生 香川 亘研究室)

理工学研究科 化学専攻
タイトル:ヒトRAD52のクライオ電子顕微鏡構造
発表者:荻野 駿(博士前期課程1年 香川 亘研究室)

タイトル:ヒトAlu DNA配列を含む364 bp DNAは、試験管内の再構成系により2量体ヌクレオソームを形成する
発表者:沖住 香織(博士前期課程1年生 須賀 則之研究室)

タイトル:アフリカツメガエルのリンカーヒストンH1A Δ2-21の異種発現による出芽酵母の増殖障害に関与するドメインの同定
発表者:柴 広大(博士前期課程1年生 須賀 則之研究室)

タイトル:出芽酵母RPS5、RPS11B座におけるHMGBホモログHmo1のDNA結合部位の解析
発表者:高附 宏暢(博士前期課程1年 清水 光弘研究室)

タイトル:出芽酵母に異種発現したアフリカツメガエルのリンカーヒストンH1Aの細胞内局在
発表者:工藤 拓也(博士前期課程2年生 須賀 則之研究室)

タイトル:RAD52が触媒するDNA・RNA間の鎖交換活性の生化学的解析
発表者:土屋 怜平(博士前期課程2年 香川 亘研究室)

タイトル:出芽酵母は異種タンパク質を認識し、その発現プラスミドを排除する
発表者:飛永 汐里(博士前期課程2年 須賀 則之研究室)

2019年4月12日

機械工学系・機械工学専攻の卒業生が各種学会賞を受賞しました

機械工学系 機械工学専攻の卒業生が日本機械学会三浦賞・畠山賞、日本設計工学会 武藤栄次賞優秀学生賞、自動車技術会 大学院研究奨励賞を受賞しました。
これらの賞は学部・大学院卒業生のうち人格・学業ともに優秀な学生(自動車技術会 大学院研究奨励賞は自動車分野で優れた研究成果を残した大学院生)に贈られます。

2018年度院生表彰
 ・一般社団法人 日本機械学会 三浦賞
   受賞者:百瀬 元気 (写真左 左側)
 ・公益社団法人 自動車技術会 大学院研究奨励賞
   受賞者:百瀬 元気 (写真左 左側)
 ・公益社団法人 日本設計工学会 武藤栄次賞優秀学生賞
   受賞者:森 裕太 (写真左 右側)

2018年度学部生表彰
 ・一般社団法人 日本機械学会 畠山賞
   受賞者:廣澤 一輝 (写真右 右側) 
 ・公益社団法人 日本設計工学会 武藤栄次賞優秀学生賞
   受賞者:増田 稔大 (写真右 左側) 

2019年3月29日

生命科学・化学系と化学専攻の学生が日本化学会で研究発表しました

2018年3月16日(土)~19日(火)に甲南大学(岡本キャンパス)にて開催された「日本化学会第99春季年会」で、化学専攻 博士前期課程 1年生 門奈 嵩士さん、生命科学・化学系 4年生 福地 直輝さんが研究発表しました。
この会では、学術研究の成果発表を主とする「アカデミックプログラム(AP)」4,516件、産学官の研究者が最新の話題について情報交換・共有する「アドバンスト・テクノロジー・プログラム(ATP)」290件、受賞講演や最新の話題をテーマとする特別企画、特別講演、国際シンポジウムなど合計5,137件の講演が行われました。

研究発表タイトル:「プロキラル1,3-ジケトンの生体触媒による還元的非対称化の検討と微生物ホルモン合成への利用」
発表者:門奈 嵩士(冨宿 賢一研究室)

研究発表タイトル:「生体触媒を用いる光学活性ビアリール誘導体の合成研究」
発表者:福地 直輝(松本 一嗣研究室)